読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぱひとからげ

十把一絡げになんでもかんでもつづる。

Galaxyの電源が入らなくなったら焦らずに「電源ボタン」+「ボリューム下げるボタン」長押しで強制再起動を

昨晩まで使えていたGalaxy Note 5が2017年元旦の朝からうんともすんとも言わなくなってしまった。電源ボタンを長押して再起動を試みるもまったく反応せず。USBを挿して充電してみても画面はおろかLEDすら光らない。いやいや、待て、これまで使ってきた初代Galaxy Note、Glaxy Note 3はとりあえずバッテリを抜き差しすれば、この手のハードウェアっぽい問題はなんとかなってきた。それと同じだ。そう思ってバッテリを外そうとしたが、どうやらGalaxy Note 5ではバックパネルがかなり頑丈な接着剤でついているため、取り外すにはかなりハードルが高い。これまでは簡単に手ではずせて、むしろ着せ替えを楽しんでくれといわんばかりの仕様だったのに。

接着剤をドライヤーで高温にして、吸盤でパネルを吸い付けて引き上げてできた隙間にギターのピックを入れ込んで少しずつ少しずつ接着剤を外しながら…

パキッミシッ。嫌な音がした。

f:id:jippahitokarage:20170101101744j:plain

終わった。慎重に慎重にはがしていたのだが、ある点に力がかかった途端にヒビがバックパネル全面にビッシリ。2017年一発目からやっちまった。

やれやれ、わざわざ2016年1月ごろに輸入してまで買った*1 Galaxy Note 5を2017年元旦から破壊することになろうとは。きっと交換部品商の在庫も少ないだろうからパーツを手に入れるのも面倒なんだろうな…。

といろいろ調べていると、Galaxyを強制再起動の仕方が存在することに気づいてしまった。電源ボタンを長押しすると、OSが再起動されることは知っていたが、「強制再起動」なるものはOSよりも下のレイヤではたらくようである。

 

「電源ボタン」+「ボリューム下げるボタン」長押し。*2

 

なんということはなかった。強制再起動によってGalaxy Note 5は復活した。わざわざ開ける必要などなかった。ただただ焦って、ただただバックパネルを破壊しただけの2017年最初のできごとだった。

*1:Galaxy Note 5(SM-N9200)を輸入してdocomo SIMからOCN SIMに乗り換えた話 - じっぱひとからげ

*2:Galaxy Note 5でしか試していないが、おそらくGalaxyシリーズ共通仕様だと思う