読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぱひとからげ

十把一絡げになんでもかんでもつづる。

支那麺はしご ほんのり八角の香りがやみつきに

f:id:jippahitokarage:20140220032247j:plain担々麺(だんだんめん) 800円

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13007684/


中毒性のある醤油ベースの辛めのスープ。また食べたくなる魅惑のラーメン。はしごの担々麺は、一般的に担々麺と呼ばれる麺類のそれとはまた違う味なので、ごまたっぷりのスープにラー油が浮いているものを想像すると別のモノが登場するので動揺してはいけない。

辛さは「普通・中辛・大辛・激辛」から選べる。辛いものが得意というわけではないが、大辛でも美味しい辛さとして楽しめる。激辛は食べたことがない。

注文すると「ライスつけますか?」とたずねられる。辛い中毒スープとご飯の相性もとても良いので、スープでライスも美味しい。店舗にもよる*1ようだが、ライスのおかわりは無料でもらえる。

1枚だけのっているチャーシューにつかっているのか、スープに使っているのか、ほんのりと八角の香りがして食欲をそそる。昼時に行くとたいてい並んでいて、4人〜5人ほど待つことがある@入船店。万人受けするような辛さでもなく、好きな人は好きという部類のラーメンだと思っているのだが、昼時にいくと大抵家族連れでにぎわっているのに驚く。

他にも、かなりボリュームのある餃子が5個で900円というメニューも有名らしい(※)が、まだ食べたことがないので食べる機会があればここで記事にしようと思う。

※2014/05/23 追記
支那麺はしごはだんだんめんだけでなく餃子もうまかった。 - じっぱひとからげ

*1:入船店では確認済み