読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぱひとからげ

十把一絡げになんでもかんでもつづる。

タイで初めてUberを使ってボられた話

タイから日本に来ている職場の人に、バンコクの観光地のお勧めを聞いたときにUberをおすすめされたので早速使ってみた。もともとすすめられる以前から興味はあったものの、なかなか使う機会がなかったので、良い機会だと思ってアプリをインストールしてアカウントを作った。

スワンナプーム空港⇔バンコク市街のUberでの移動費 ※2017/03/20追記

Uberを利用した日
・行き 2017/03/18
・帰り 2017/03/19

■かかった費用
・行き スワンナプーム空港→バンコク市街 ( 826.13 THB )  …UberBLACK 相当 ※後述
・帰り バンコク市街→スワンナプーム ( 425.00 THB ) …uberX

行き スワンナプーム空港からバンコク市街地のホテルへ移動する

スワンナプーム空港のまわりには客待ちのUberがたくさんいる。uberXで375THBなので、まあまあ妥当なタクシー相場くらいらしい。ただ、従来のタクシー特有の面倒な交渉ごとや、変に騙されていないかなどハラハラしなくても良いと考えればuberXのほうが良いか、くらいな相場なのだと認識していた。早速、uberXをリクエスト。

f:id:jippahitokarage:20170317215904p:plain 

現れたドライバーに「Uber ?」と訪ねると「それは言うな」と言われる

初めてのUberだったのでドキドキしながら待っていると、Uberに記載の通りトヨタのフォーチュナーが現れ、窓から手招きをしている。海外で、しかも知らない人の車に乗るというかなりの冒険で不安だったので、念のため画面を見せながらこう聞いた。

Uber ?」
「(なんといったかはわからないが、「それは言うな」的な言葉)」

ドライバーに話を聞くところによると、どうやらタイではUberに関する警察の取締が強化されているらしく*1Uberで活動をしているところをポリスに見つかると罰則を受けるらしい。ゆえに、現れたドライバーはそそくさと私のスーツケースをトランクに詰め込むと乗るように促した。ポリスに見つかるとやばいことに加担していることになるのか…。このサービスを受けても良いのか…?すでに不安になってきている。

ドライバーが「これはUberBLACKだ」と言ってくる

私の拙い英語でなんとかやりとりをしようとするも、ドライバーのほうがもっと英語が話せないようでかなりコミュニケーションがかなり難航した。

「これはUberBLACKだから1,000THBだ」
というようなことを言ったんだと思う。すかさず私はこう返した。
「私はuberXを頼んだつもりだ。降りる」
するとドライバーは、
「なぜ降りるのか?」
と、本当になぜ降りるのかがわからないというようなトーンで本気で聞いてきたので少しおどろいた。ここまで本気で聞いてくるということは、もしかして自分に非があるのか?ここで自分に一つの不安がよぎった。もしかして、今回始めてのUberの利用だったのでリクエストの出し方がよくわからずにuberXのリクエストを出したつもりが間違ってUberBLACKのリクエストを出してしまっていたのかもしれない。uberXを頼んだのにUberBLACKの車が来てしまうのはおかしい。自分が間違ったのかもしれない。そう思った。

すると彼はこう言い始める。
「UberBLACKの相場でいうとあなたの目的地までいくと1,000THBくらいだけど、800THBでいいよ」
いやいやいや、ちょっとまって。私はもともと375THBくらいで目的地に向かうつもりでuberXを頼もうと思っていたのに800THBでいいとかそういうことじゃないって。確かにUberBLACKは1,000THBくらいだったかもしれないけれど、そういうことじゃないから。しかし「自分が間違えてリクエストを出したのなら仕方がないか」そう思って800THBの支払いを覚悟していたし、ドライバーからも800THBで送るからそれでいいかと念押しされたので、OKと答えていた。そう答えるしかなかった。

ところが、あろうことか、まだ車に乗車中なのにもかかわらずメールでUberから領収書が届くではないか。f:id:jippahitokarage:20170317212340p:plain

この領収書が意味するところは「Uberを利用してのサービス提供はここまでにして、800THBはUberを通さずに、手数料なしでキャッシュでそのまま懐に入れよう」ということである。しかもよく見ると、やはり車はUBERXとして登録されており、私のリクエストが間違っていなかったことに気づく。

Uberサイドからみると、空港から0.39kmを走って、26.13THB支払ったという記録になっている。この状況において、私ができた最善の策はなんだったのだろうか。「800THBをUberから私に請求するようにして欲しい。私はあなたにキャッシュで800THB払うのではなくUberに支払うからその手続を」という整理だったのか。

せっかくタイまで旅行に来て、嫁も同行している中でドライバーともめて、旅行が変な空気になるのも嫌だったので、あきらめて800THBをキャッシュでドライバーに支払った。結果的に、Uber経由で26.13THBを支払いキャッシュで800THB支払ったので合計826.13THB支払ったことになる。

Uberにフィードバックしたこと

彼の車やサービスについては何の不満もなかったのでお金を返して欲しいとまでは思わないが、Uberというとても便利なプラットフォームにタダ乗りして中抜きするというやりかたは私のポリシーに反するので、この事実は事実としてUberに問題としてフィードバックした。

・上記のやりとり
Uber上uberXとして登録しながら、UberBLACKとしてのサービスを提供してその料金を請求するのはルール違反なのではないか
・ドライバーがUberに対して秘密裏に料金をキャッシュで請求しても良いのか。今回のケースはUberに手数料が入っていないがそれは許容されるのか
・今回の乗車は目的地に目的の時間で到着できたので、ドライバーのサービスそのものは悪くなかった。ただ、このドライバーがルールに抵触していないかどうかは確認して欲しい

Uberデビューの一発目から不快な思いをしてしまい、Uberに対する良くない思い出ができた。いやな思い出はいやな思い出としてこの記事で昇華させようと思う。

帰り uberXでホテル→空港は安くて快適だった ※2017/03/20 追記 

一人の行儀の悪いユーザによってUberのことを嫌いになるのもいやだったので、こりずにホテル⇔スワンナプーム空港でUber移動に再チャレンジ。帰りはuberXで快適にか安く空港に到着できた。

車内もとても清潔で良いにおいがしたし、トランクへの荷物の出し入れも対応してくれた。もちろん、荒い運転ではなく安心して乗ることができた。行きの行儀の悪いユーザのせいで嫁がUberのことを嫌いになっていたが、帰りの良いドライバーのおかげでいくばくかUberへの嫌な思いは払拭できたようでよかった。

f:id:jippahitokarage:20170320083813p:plain

f:id:jippahitokarage:20170320083828p:plain