読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぱひとからげ

十把一絡げになんでもかんでもつづる。

不正利用?SBIカードから「海外で43万円のカード利用があった」と連絡が来た話

自称SBIカード(確認後、本物であることがわかった)から嫁に電話がきた

「ねえ、なんかSBIから私のカードが不正利用されたって電話きたんだけど」
と電話をしながら嫁が話しかけてきた。

「ちょっと待って。なんでSBIからだと思ったの?本当にSBIからなの?名乗っているだけじゃないの?代わって。」

「もしもし、電話代わりました。」

「もしもし、カードの不正利用があったため無料でカード番号の変更と新しいカードの送付をご案内しております」

「あのー、私はあなたを本当にSBIカードの人かどうかを判断できないのですが」

「であれば、ご案内する電話番号にご連絡いただいて、私AAAを呼び出しいただければと思います。03-XXXX-XXXXです。」

「東京ですか?通知の番号を見ると横浜から電話がきているように見えるのですが?」

「こちらの番号と同じです」

(ちょっと何を言っているのかよくわからないが、SBIカードの公式の窓口番号*1だったので、とりあえずここにかけてみることに)

「では、こちらにかけますね。念のため下の名前も教えてください。」

「AAA BBBです。」

「ありがとうございます。それでは失礼します。」

一度電話を切った。

すぐにSBI公式の問い合わせ窓口に電話をした

「カードの不正利用があったと案内がAAAという方から電話があったので、代わってほしいです」

「ご連絡ありがとうございます。ご本人確認をしますので、お名前、ご住所、お電話番号をお願いします」

名前、住所、電話番語を伝えると電話が転送された。

「ご連絡ありがとうございます。さきほどもお伝えさせていただいておりましたとおり、無料でのカード番号変更と再発行をご案内しております。」

「では、お願いします。」

ここからはカードの持ち主である嫁に電話を代わり、いくつか質問された様子。

・カード番号をブラウザに残していないか
・定期的にウイルスチェックをしているか
・他人にカードを見せていないか
・親族等の目に長くふれるような場所にカードをおいていなかったか

質問はカード番号の流出経路の特定に関する質問であることは容易に想像できた。「親族」というキーワードが出て来るあたり、闇が深い。親族のカードの券面を盗み見て使われるというケースが横行しているのかもしれない。

もう一度電話を代わってもらった。

「ちなみに、ここからは興味関心で聞くんですけど、どういう利用に対して不正利用の可能性を疑うのでしょうか?」

「弊社ではカード利用履歴を24時間監視しております。今回の件は、これまでのカード利用履歴からは考えにくい海外でかつ43万円という高額の利用だったため、不正利用ではないかとご本人に確認しているというしだいです。」

「不正利用ではないか?と疑いがかかるまでの時間はどれくらいなのでしょうか?」

「今回の件ですと、本日の01:06(JST)に43万円の利用があり、この時間(13:00(JST)ごろ)に連絡差し上げています。」

「たしか、このカードの上限は30万にしてあったので43万円も使えなかった気がするのですが。」

「結果としては、与信額不足として利用はされておりません。被害は特にありませんでした。」

「わかりました。ありがとうございました。」

結局、被害はなかったものの、本当にこういうことが起こるんだなという事例としてとても興味深かった。と同時に、嫁は自称SBIの電話であってもだれでもかれでも信用し過ぎるので「知らないおじさんとお話しちゃだめ」とあらためて教育した。カードの不正利用を案内してくれたSBIは、SBI本人であることを確認したいという客のために公式の番号を案内する流れもしっかりしていたので良かった。