読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぱひとからげ

十把一絡げになんでもかんでもつづる。

高価なBluetoothイヤホンを無くすリスクより コスパ重視で2,980円のQY19という選択

 あー、2万円のイヤホン死んだー。2万円のイヤホン死んだよー。もう高価なイヤホンで泣くのはもういやだ。もう高価なイヤホンなんて買うもんか。買うもんか。買うもんか。もう自分のことを信じないことに決めた。イヤホンは必ず壊れる、イヤホンは必ず無くす。もうこれ前提で。EarPodsも興味が無いわけではないが、あんなもの絶対無くすに決まっている。もうやめだやめだー。

過去に、保証期間内で壊れて修理したことがあった。

jippahitokarage.hatenablog.com

実は、これ以外にもPowerBeats2の紛失騒ぎをしたこともあった。その時は、あー、2万円無くなったー、あーないー。終わったー。と嘆いていたが、PowerBeats2 Wirelessがあまりに使い勝手が良かったので、無くした直後に2つ目を購入した。

結果として、紛失していたと大騒ぎしていたが実際には机の奥に転がっていたというオチで、私は今現在2つのPowerBeats2 Wirelessを持っている。1つは私が、もう1つは嫁が使っていたのだが、そのうち1つが洗濯機の中で死んだ。2万円が死んだ。

2万円が、死んだ。

もう2万円が死んだ死なないでヒヤヒヤするのはもうたくさんだ。そこでコストパフォーマンスが最強と評価されていたQY8の後継機2,980円でQY19を購入した。壊れたり、なくしたりしてもダメージが少なく、パフォーマンスとしても満足ができるであろうという選択である。

 

f:id:jippahitokarage:20170131231236j:plainコスト削減ということもあるのだろう。シンプルなダンボールむき出しの色。余計なところにお金をかけていないあたりは好感がもてる。

f:id:jippahitokarage:20170131231749j:plain
本体、USBケーブル、日本語マニュアル、英語マニュアル、交換用アタッチメント、以上。

想像以上のデキだった。もうこれでいいじゃん。2万のBluetoothイヤホンを買うくらいなら、QY19を壊しながら6個買うくらいの覚悟で十分通用する。たかだか3,000円程度のBluetoothイヤホンでここまでの性能とフィット感が得られるのかと思うと非常に感慨深い。

高価なBluetoothイヤホンを壊し、失い、打ちひしがれているみなさまにはぜひ。