読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぱひとからげ

十把一絡げになんでもかんでもつづる。

ロリポップ(ライトプラン)でCandyCaneをインストールする

CandyCane - オープンソースのバグトラッキングシステム を開いて、Star me on GitHubを選択する。43秒インストール?っていったいどこからどこまでの時間なのだろうか…。おそらく、43秒で終わるのは5〜6のことだろう。いや、5〜6にいたっては10秒といっても良いかもしれない。
f:id:jippahitokarage:20160816162828p:plain

1.CandyCaneをダウンロードする(60秒)
2.CandyCaneをアップロードする(120秒)
3.パーミッションを変更する(60秒)
4.DB接続情報を入力する(60秒)
5.インストール開始ボタンを押す(2秒)
6.インストールが完了する(8秒)
7.インストール用のファイルを削除する(5秒)
8.adminのパスワードと言語を変更する(120秒)

CandyCane公式サイトの1分47秒のYoutubeの動画を見ればその手順はとても良くわかる。動画では、CandyCaneはすでにダウンロード済みで、MacBook上のローカルにインストールしているようなのでサーバへの接続や上げ下げの時間が少ないので本当に43秒で終わっているように見える。

 

Clone or Downloadを選択する。
f:id:jippahitokarage:20160816162740p:plain

 

Download ZIPを選択する
f:id:jippahitokarage:20160816162625p:plain

 

解凍する。
f:id:jippahitokarage:20160816163007p:plain

 

ロリポップのサーバにアップロードする。http://ロリポップドメイン/cc/でアクセスすると仮定する。candycane-masterをccにリネームする。ccは任意の文字列なので自由に変更して良い。

cc/app/Config
cc/app/files
cc/app/Plugin
cc/app/tmp

の権限を777に変更する。

f:id:jippahitokarage:20160817065647p:plain

f:id:jippahitokarage:20160817065803p:plain

 

ブラウザでhttp://ロリポップドメイン/cc/にアクセスすると、インストールに必要な準備が整っているかチェックが走る。準備が整っていれば「クリックでインストールを開始します」を選択する。

f:id:jippahitokarage:20160817065832p:plain

 

利用するデータベースの情報を入力する。データベースの情報はロリポップのサイトから確認する。

f:id:jippahitokarage:20160817070306p:plain

 

・Host
・User/Login
・Password
・存在するデータベースの名前
・Prefix(テーブル名に任意の接頭辞をつけることができる)

これらの情報をロリポップのユーザ専用ページから確認する。

f:id:jippahitokarage:20160817070409p:plain・Host←サーバー
・User/Login←ユーザー名
・Password←パスワードを確認
・存在するデータベースの名前←データベース名
・Prefix(テーブル名に任意の接頭辞をつけることができる)←任意*1

f:id:jippahitokarage:20160817070358p:plain

 

「データベースを設定」を選択し、データベースへの接続が確認されると次の画面に遷移する。「クリックでデータベースを構築します」を選択する。

f:id:jippahitokarage:20160817071032p:plain

 

インストールが完了したら、「クリックでインストール用のファイルを削除します」を選択する。

f:id:jippahitokarage:20160817071302p:plain

 

これでインストール作業は完了。「公開」されているSample Projectの情報がログインなしで見られる状態になっている。また、この状態はユーザとパスワードがadmin adminで誰でも管理者ログインできる状態になっているので、管理者のパスワードを変更する。

Sign inを選択する。

f:id:jippahitokarage:20160817071346p:plain

 

デフォルトでユーザ名とパスワードはadmin / admin

f:id:jippahitokarage:20160817072304p:plain

 

ログインできたら、画面左上のAdministrationを選択する。

f:id:jippahitokarage:20160817072423p:plain

Userを選択する。f:id:jippahitokarage:20160817072610p:plain

 

adminを選択する。

f:id:jippahitokarage:20160817072751p:plain

adminユーザの言語をEnglishからJapaneseに変更し、パスワードも変更し、Saveを選択する。f:id:jippahitokarage:20160817072901p:plain

 

日本語化され、adminのパスワードも変更され、これでインストール後の最低限の設定が完了。あとは利用する業務に合わせてユーザやロール、ワークフローや、チケットのステータスなどを定義すればOK。f:id:jippahitokarage:20160817073135p:plain

*1:私の場合は、他アプリケーションとデータベースを共有しているためCandyCaneで利用しているテーブルであることをがわかるように cc_ と接頭辞を付与している